FXcyclone / FXサイクロン

スウェーデンの天才銃器デザイナー、フレデリック・アクセルソンは、1992年からエアライフル銃の仕事に携わるようになった。そして数々のベストセラーエアライフル銃や、手動式高圧ポンプ(空気充填用ハンドポンプ)を開発すると、30代で独立して1999年に自分の会社FXエアガンズ社を興した。

既成概念にとらわれない独創的なアイディアから、彼は若くして「近代空気銃の父」とも呼ばれるほど。彼の手にかかれば、ハンティングライフルもターゲットライフルのマッチグレードに変身する。エアーライフルでの狩猟では大切なことだが、それらは50mにおいても驚異的な精度と連射性能を発揮するのだ。   彼の開発したFXサイクロンは、3秒で5発という驚異の速射性を実現する直動式アクションを持ち、3段階のパワー調整機構を装備したことによって、第三世代に入ったと評される。パワー、命中精度、操作性といった、ガンにおいて最重要となる3つの要因をバランスよく融合させたことで人気が高いが、銃床も全天候型のシンセティックストックと、ウッドストック仕様の両方が用意されている。単純に、性能や扱いやすさのみを考えるなら全天候型のシンセティックストックは必要かつ十分であり、射手の期待に応えてくれる。が、そこに趣味としての所持する喜びを加味したいとなれば、ウォルナット製ストックは、正に、それにふさわしい仕上がりとなっている。

エアーライフルの射撃の世界を、可能性を根本から覆す存在であり、日本国内で、常に高い人気を誇っている一梃だ。

gg_fxcyclone_002 gg_fxcyclone_003
パワー調整のレバーは不意に触れて動くことがない位置にデザインされている。もちろん射撃の邪魔にもならない。
連射性の高さを実現したサイドレバー。射撃を行った後の素早い装填が可能だ。
一つの完成されたデザイン。
gg_fxcyclone_004
サイクロンにはウォールナットストック仕様も用意されている。木製ストックを愛するファンに人気だ。