FABARM / ファバルム

ファバルムの歴史は長く、約100年前の1900年、イタリアはロンバルディア州のブレーシャ市にショットガン専門メーカーとして誕生した。設立者は、名門ガレシ・ファミリーである。ファバルムがあるブレーシャ市の近隣には、フィアット、アルファロメオなどの自動車メーカーも多く点在する。

ファバルムの名称は、ブレーシャ武器製作所(Fabbrica bresciana Armi S.p.A)の名称に由来している。市の郊外に、10,000平方メートルの広大な工場を所有し、世界45か国へむけて優秀なショットガンを輸出する巨大企業だ。近年では、散弾銃のみならず上下2連ライフルの製造もスタートさせ、着実にその存在感と魅力をアピールしている。

完全自動化された工場で次々と生産されるファバルム製品は、欧米では常にトップセラーであり、その人気には不動のものがある。その理由は、完全自動化を推し進めながらも、熟練の職人と技術者による研究も怠らず、「機械加工品を超えた品質」を求める姿勢が製品に、そして品質に反映されているからである。伝統的な町工場のような雰囲気で働く職人と技術者たちには、創業以来の「より良い散弾銃を作る」という想いが行き渡り、その想いこそが成功を支える原動力となっているのだ。

ファバルムが独自に開発した過大腔径銃身「トリボア」は、同社全製品に採用されている。銃身中央部の内径を18.8ミリ、先端部を18.4ミリとすることによって、パターンをきれいに均一化する効果がある。

この「LION H38シリーズ」も、もちろんトリボアを採用。さらに、新開発の「PULSE-PISTON」の採用で、従来の同社製品に較べ、反動を軽減している。小さなアイデアだがその効果は大きく、射手の能力を最大限に引き出す手助けとなるのだ。また、レシーバートップが、マウントベース取り付けに対応しているのも、射手には嬉しい配慮だ。

3kgを切る重量ながら、速い回転速度と反動の少ない「LION H38シリーズ」は初心者でも扱いやすい存在であり、スピーディーな射撃にも対応できるポテンシャルを持つ。

 

gg_fabarm_002 gg_fabarm_003
「LION H38 LUXEモデル」H38シリーズの上級モデルである。チタンコーティングの輝きに刻まれた、彫刻が美しい一挺だ。 レシーバー上部には、マウントベース取り付け用の切り欠きが設けられている。
gg_fabarm_004 gg_fabarm_005
近年装備される例が増えている集光サイト。連射可能なセミオートマチックに、最適なサイトシステムといえる。
新開発の「PULSE-PISTON」は反動の軽減とともに、群を抜く回転の早さとマズルジャンプの低減を実現している。